名古屋で一戸建ての新築を建てる時の3つのポイント

予算に合わせて依頼する業者を決める

名古屋で新築の一戸建てを建てるときは、まず依頼する業者について考えましょう。家の建築を請け負っている業者はハウスメーカーと工務店の2つの種類があります。どちらが良いと言い切ることはできません。それぞれの業者にメリットがあり、自分の希望によく合う方を選ぶようにしましょう。ハウスメーカーに依頼した場合は、総額の費用が高くなることが多いです。それでも建築の期間は早いので、急ぐときにはこちらの方がお勧めです。工務店はハウスメーカーにくらべて費用が安くなります。ただし、完成までの期間が長くなります。長くなるのは、下請けの業者に依頼しないで、自分たちで家を作っていくからです。自分の希望を反映させた家を作りやすいです。こう書くと、工務店の方が良さそうに見えます。ハウスメーカーにも良さはあります。このタイプの業者はいろいろな家を建てた実績が豊富です。その実績に基づいて住む人が快適に暮らせる家を建ててくれます。

家を建てる場所は慎重に選ばなければならない

自分たちがずっと住むことになるので、名古屋で新築の一戸建てを建てる時はその土地を慎重に選ぶ必要があります。例えば、会社で働いている方だったら、通勤時間を考慮に入れて建てる必要があります。郊外になると土地代は安くなりますが、通勤時間は長くなってしまいます。可能な限り通勤時間を短くしましょう。それは1時間以内にする必要があります。老後を過ごす家だったら、通勤時間のことは考える必要はありません。それでも利便性は確保しましょう。家を建てる時に健康であっても、その後に病気になってしまうかもしれません。その点を考えると、病院が近くにある場所が好ましいです。歳をとると買い物に行くのが億劫になることもあります。それでも毎日の食料品の購入は必要なことが多いです。病院やスーパーなどが近くにある場所を選びましょう。名古屋のような街だったら、このような条件にあてはまるところに新築の一戸建てを建てるのは難しくありません。

資産価値を高める家づくりをする

自分で建てた家は自分の財産になります。その財産は、子供達に受け継がれていきます。名古屋のような都会の新築の一戸建ての価値は高いです。将来経済的な困難に直面した時に、家自体が役立つこともあります。例えば、重い病気や認知症になった時は自分の家で生活できなくなります。その場合は、病院や施設を見つけて入らなければなりません。このような施設に入る費用は、決して安くはありません。1ヶ月当たり20万円を超える場合があります。老後にこのような状態になった時は、家を売ることも必要になるかもしれません。資産価値の高い家だったら、売却後に高額のお金を手にすることができます。交通の便が良くて、傷みの少ない家だったら高い金額で売れます。駅からの距離がポイントになります。駅から徒歩で10分以内のところを可能な限り見つけて、そこに家を建てましょう。

記事を共有する