名古屋市内にある一軒家での地震対策

いわゆる、中部東海地方にある愛知県の巨大都市である名古屋市内にある、主に一軒家などと呼ばれる「一戸建て」の仕様である物件に関しての、耐震面の保証に関しての内容になります。これ自体は、地震対策面におけるしっかりした配慮がなされたりしている仕組みや構造からなる物件のあり方の如何に関わる事ですが、その他の各巨大都市や地域にある一軒家などと同じく、何らかの施工がなされたりしている事は間違いありません。大抵の住居物件の構造である場合には、礎石が敷かれた上で土台が設置をされるような形にして、それで固定をしていくような製法で建てられているようなものが一般的ですが、そうした従来型のものを改良して耐震性に比重を置いた技術が採用をされて、建築をされたりしてきている傾向が、その他の地域と同じく同市内各地でも現れてきているような感じになっています。最近特に、多く見られる設計のものとしては、礎石に固定をするのでは無くて、ある程度ズレを一定の範囲で出来るような構造設計のものなどが少なくありません。小範囲でズレの枠が設計されている事によって、その分、建物本体に掛かる振動の付加を分散をさせて損壊・倒壊などのリスクを最小限にしていくという事が可能になり、被害が少なくて済むというものです。この設計方法がやはり同市内でも多く、その耐久面での保証もかなり評価が高いと言えます。

リフォームなども多い最近の傾向

名古屋市などの場合も、やはり、築年数が約50年程度もの古さのある一軒家なども少なくは無く、リフォームをされたりする事も少なくは無い傾向があります。とくに、中川区や中村区その他、同市内にある一部の中心部に近い地域などにある物件で、老朽化をしている老舗である建物も少なくはありませんので、木造の一戸建てなどの仕様の家屋が目立つ傾向もあります。長年、大した地震なども少ない地域にある巨大都市でもありますので、そのせいもあり、まだまだ古い伝統的かつ一般的な、木造家屋の数なども多い地域である都市という顔があります。

これからのこの市内での住居のあり方

そして今年の大阪大地震が起きて、近畿地方一体にその震動が拡散をした際に、その隣の中部・東海地方にあるという地理的な事情もあって名古屋市にも揺れが伝わったような形でもありました。それ以来、老朽化をした木造一戸建てなどを中心にして、一軒家での耐震面でのリフォームが盛んになされたりしているような状況になっています。それと共に、耐震面での保証を確実にしていくために、地震保険などの災害向きの保険商品への加入増加や関心の高まりなどが、従来よりも最近は特に、目立ち始めています。こうした傾向は、これからも本格的になっていく事は大いに考えられます。

住まいづくりで大切なことは、人と人とのコミュニケーションと考えています。何でもご相談ください! 顧客満足度98%。約半数がご紹介のお客様です。 木造軸組工法で建てる住まいなら、単世帯から二世帯、平屋住宅に三階建てまで、どんな住宅でも実現します! ZEH対応、省エネ・創エネのゼロエネルギー住宅を、よりお値打ちな価格でご提案します! 二世帯や三階建ての家の購入をご検討の方はSANSHODOで

記事を共有する